Best Price For Air Ticket

LCCにも座席のグレードには違いがある!

国内線のLCCの座席について

国内線のLCCでよく見られるのが、最前列や、前列5列目くらいまでの座席に追加料金をとるシステムです。当然のことながら、乗り降りしやすいメリットがあります。また、格安航空会社によって、窓際の座席を他の座席より少し高めの値段設定にしているところや、足元の広さによって値段設定を変えているところもあります。LCCはもともとの座席自体の値段が安価であることから、機体に対する座席数を通常より多く設定している傾向があります。そのため、座席が狭く感じるという人も多いと思います。大体どこの格安航空会社も1000円前後で、足元が広めの席を指定することができるようです。フライト時間や、単身利用なのか、子供がいるのかなどニーズに応じて座席を選ぶといいでしょう。

国際線のLCCの座席について

国内線に比べて、国際線の場合はフライト時間が長時間になることが多いです。そのため、国際線のLCCにはビジネスクラスがあります。LCCではない、一般の航空会社に比べると多少サービスの劣る点はあるようです。ちなみにファースクラスは現在のところありません。
座席のフルフラット機能は無いようですが、コース料理が付いている、飲み物は飲み放題、ディスプレイでの映画が見放題、足元にゆとりがあるなど、エコノミークラスとはしっかりとした差はあるようです。機内外のサービスでいえば、一般航空会社のビシネスクラスには、優先搭乗や預け荷物が優先的にでてくる、などといったサービスがありますが、LCCのビジネスクラスにはそのようなサービスは無いようです。

Scroll To Top