Best Price For Air Ticket

格安航空券の種類や歴史を説明

格安航空券の歴史とLCCの登場

一昔前は格安航空券と言えば修学旅行など団体旅行用であった座席の一部を個人にばら売りすることで通常の航空運賃より格安に購入できる航空券を指していたのですが、現在ではLCC(格安航空会社「ローコストキャリア」の略)のことを言うようになりました。1970年代後半、ヨーロッパやアメリカで航空の規制緩和に対する世論や経済界の要求が高まり、新たな航空会社の設立や路線の自由化などが進む中でLCCが誕生しました。日本では1980年代後半に航空の規制緩和が行われ1990年代後半に初めてLCCが誕生。その後多くのLCCが設立されています。会社の形態は大手航空会社の出資による会社や新規に会社を設立した会社、日本資本のみによる会社や海外の会社と共同出資した会社など様々です。

LCCと大手航空会社の違い

格安航空券というだけあってLCCの最大の魅力は航空運賃の安さです。大手航空会社の商品もいろいろなバリエーションを用意していますが、運賃はやはりLCCが格安です。ただしLCCの場合、運賃以外のものは有料になります。機内に持ち込む手荷物も大きさの制限はもちろんですが重さに制限があってオーバーすれば有料となります。預ける荷物も重さによって料金が違いますが有料です。飲み物や食べ物などの機内サービスも有料です。航空券のキャンセルや変更なども料金が高額になる場合もあります。座席指定も座席によっては有料で金額も変わってきます。適用範囲や料金は会社によって違います。日程変更の可能性のある場合や家族旅行など荷物が多くなる場合には確認が必要かもしれません。

JALなどが販売している航空券で格安なタイミングで購入できれば、リーズナブルにチケットを購入できるので上手に利用すれば、旅費のコストカットができます。

Scroll To Top